引っ越しをスムーズに|業者に依頼!煩雑な引っ越しの手続きもアッサリ片づきます

hikkosi.net

流れをチェック!引っ越しに必要な手続きの数々

引っ越しをスムーズに

箱

引っ越しで困らないためにも事前の準備が大切

引っ越しをすることが決まったなら、早めにスケジュールを立てることがポイントです。なぜなら、住所変更に伴って、電力会社や電話会社、ガス会社や水道局など、あらゆる機関で手続きを行わなければいけないからです。三月と四月は引っ越しの繁忙期ですから、手続きの申し込みが殺到する可能性があります。できるだけ早く済ませておくことがポイントです。まずは、手続きを行うべき項目をリストアップしましょう。上記の機関のほかに、銀行や郵便局でも手続きを行う必要があります。また、自治体の窓口では、転出および転入の手続きを行いましょう。

引っ越し手続きに必要なもの

各機関で引っ越し手続きを行う場合に、必ず持参すべきものがあります。まず、運転免許証やマイナンバーカードなどの身分証明書を携帯しましょう。住所が記載されている上に、写真が添付されている身分証明書ならば、信頼度が高くなります。もしも運転免許証やマイナンバーカードを所持していない場合には、健康保険もしくは年金手帳など、公共の施設が発行している身分証明書を二点以上、提示することを求められます。ほかに、印鑑が必要な手続きもありますので、忘れずに用意しましょう。それぞれの機関によって必要なものが異なります。

手続きの流れを確認しておこう

引っ越しの手続きをスムーズに行うために、具体的にスケジュールを立てる方法がおすすめです。引っ越しの日程が決まったなら、電気会社やガス会社、水道局に連絡を入れましょう。供給が停止する日を教えてもらえます。また、電話会社と郵便局には新しい住所を申請する必要があります。郵便局では転送サービスを申し込むことができます。銀行への申請は、転居先の支店で行うことも可能です。尚、引っ越しをする前に、自治体の窓口で転出の手続きを行いますが、新しい住所の申請もします。引っ越しが完了したら、転居先の自治体で転入の手続きを行うことを忘れないようにしましょう。